お問い合わせ

【これで決まり】ランディングページ基本構成8つと購買欲をUPする4つのポイント

ランディングページの構成

あなたの商品やサービスをネット販売するとき
必要になるのがランディングページです!

でも
ランディングページ制作が初めての場合
どんな構成が必要なのか?
悩む人も多いのではないでしょうか?

ズバリ!
ランディングページの基本構成は8つです。

その8つの要素をしっかり理解して
ランディングページを作成してください。

そこで今回はあなたの商品・サービスを
魅力的に、また訪問者の訴求効果をあげる

「ランディングページの基本構成8つ」
「購買欲をUPする4つのポイント」

について詳しく解説していきます。

この記事は充実した内容になっているので
読み終えるには10分程度の時間が必要です。

しかし最後まで読んでいただくことで
ランディングページの基本構成について
しっかり理解できますので
是非、じっくり最後まで読んでくださいね。

目次

ランディングページとは

そもそも ランディングページ ってなに?

ランディングページの作成をする前に
ランディングページにはちゃんとした役割があるので
しっかり目的や役割について把握しておいてください。

またランディングページは
2つのタイプに分かれるので
それぞれの特徴も理解してくださいね。

ランディングページには大切な役割

それではまずランディングページの
大切な役割について解説をします。

ランディングページは直訳で
「着地ページ」となります。

つまり検索やweb広告から最初に訪問をする
ページのことをランディングページと呼んでいます。

ランディングページの大切な役割は
商品やサービスの購入、その他申込みや登録
など、何かしらの行動を起こしてもらうことです!

ここはしっかり押さえておいてくださいね。

ランディングページは2つのタイプがある

一般的に知られているのは
縦長の1枚もののページだと思います。

しかしランディングページには2つのタイプがあるのです。

【ランディングページ2つのタイプ】

  • 縦長タイプ
  • サイト型タイプ

それぞれ特徴があるので1つずつ説明をします。

縦長タイプ

縦長タイプのランディングページは
訪問者が必要とする情報を
すべて1ページにまとめています。

【縦長タイプの特徴】

  • 制作費用が一般サイトより安い
  • 制作期間が短い
  • 1ページで完結できる
  • 訪問者が迷わない設計

サイト型タイプ

サイト型タイプのランディングページは
商品やサービスの説明が長くなる場合に
情報を複数のページに分けることができます。

【サイト型タイプの特徴】

  • SEO対策ができる
  • コンテンツ(情報量)を充実できる
  • 制作費用が一般サイトと同じ
  • 制作に時間がかかる

ランディングページ構成は8ブロックが基本

基本構成は 8ブロック

それではランディングページの
基本構成について詳しく解説をします。

ランディングページ全体を
大きく分けると下記の通り3つになります。

  • ファーストビュー
  • ボディ
  • クロージング

さらにランディングページの構成を
細かく分けると8つのブロックになります。

    【基本構成8つのブロック】

  • キャッチコピー
  • 共感
  • 商品・サービスの説明
  • ベネフィット
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 差別化
  • クロージング(行動)

では1つずつ見ていきましょう。

キャッチコピー

ファーストビューへ最初に配置するのが
キャッチコピーになります。

キャッチコピーは訪問者が最初に見る部分です。

だからキャッチコピーには
訪問者の興味を惹きつける重要な役割があります。

ここで魅力を感じないキャッチにすると
訪問者の興味は薄れて離脱されてしまいます。

だから最も大切な部分です。

キャッチコピーのポイント

  • 訪問者の悩みや関心ごとを指摘する
  • 長い文章ではなく数行で興味を引く
  • 見た目も大事、目立つよう記載

共感

共感はとにかく訪問者の気持ちに寄り添う!
「それそれ、それなのよ」と共感を持ってもらう

訪問者の代弁をする箇所です。

「これは自分のことだ!」と気づいてもらい
訪問者の不安や悩みがこの商品・サービスで
「解決できる」と、しっかり感じ取ってもらう部分です。

共感のポイント

  • 訪問者になりきって考える
  • 文章は1〜8行で訴える
  • 悩みが解決できると期待させる

ベネフィット

ボディに配置するうちの1つが
ベネフィットになります。

ベネフィットでは、共感部分で
「これで解決できる」と訪問者が感じた
その理由をしっかり示す役割
があります。

ベネフィットのポイント

  • メリットを箇条書きにする
  • 5つのメリットなど数字を使う
  • 訪問者の未来がどう変わるのか?を示す
  • 悩みが解決できる理由を示す

商品・サービスの説明

次にボディへ配置するのが
商品・サービスの説明になります。

訪問者がランディングページを見て
どのような商品・サービスなのか?

とにかく見ただけでイメージができるように
文章だけではなく、写真や動画なども使います。

商品・サービスの特徴や魅力を
しっかりアピールする大切な役割
があります。

商品・サービスの説明のポイント

  • 写真や動画を使って視覚的効果を出す
  • ここで費用を提示する
  • 商品・サービスを実感できる表現にする

お客様の声

ボディには色々と配置するものがあります。

「お客様の声」も、ボディに必要な構成の1つです。

あなたも商品やサービスが欲しいとき
実際に利用した人の口コミやレビューをチェックしますよね?

ランディングページでは
お客様の声を省くことはできません。

なぜなら!
ここで商品・サービスの信憑性を高めるからです。

※実証データやマスコミ紹介などがあれば
「お客様の声」の代用として使うこともあります。

お客様の声のポイント

  • できる限りお客様の顔写真を公開する
  • 年齢や名前(ペンネーム可)を公開する
  • 利用者がどう変わったのかを示す
  • 訪問者の背中を後押ししてあげる

よくある質問

商品・サービスを購入する前に
疑問や不安点を事前に解決するために
「よくある質問」や「FAQ」が必要です。

よくある質問のポイント

  • 訪問者が気になることをできる限り記載する
  • 訪問者の疑問がなくなるようにする

もう1つポイントがあります。
ここはすごく大事です!

質問と回答は1行で伝わるようにして
回答の2行目からは、より詳しく答えること!

差別化

ボディの締めとなるのが差別化です!
ここでは他社との違いを明確にします。

この差別化の役割は

「この商品・サービスでなければならない」
理由づけを他社と比較して示す
のです。

しっかり他社との違いを明確にします。

差別化のポイント

  • 比較表などを使い他社との違いをわかりやすく見せる
  • 自社商品・サービスの強みを強調

クロージング(行動)

ランディングページでは必ず
クロージングを配置します。

要するに

  • お申込み
  • 登録
  • お問合せ

など

クロージングでは「最後の一押し」
として「行動」をしてもらう大事なパート

になります。

クロージングでは訪問者の「行動」
を促すために「今、購入すべき理由」を示します。

行動を促すポイント

  • 期間限定
  • 〇〇名様限定
  • 今だけ〇〇をお付けします
  • 〇月〇日に値上げします
  • 今月だけ〇〇%割引

などと記載をすることで行動を促します。

購買欲をUPする4つのポイント

ポイント

ここまではランディングページの基本構成
について解説をしてきました。

では訪問者の購買欲をあげる
には、どうすれば良いでしょうか?

そのポイントを4つ教えますね!

【4つのポイント】

  • お客様は誰なのか?を決める
  • 目的を決める
  • コピーライティングが重要
  • 見た目も大事!魅せるデザインが必要

これらについて詳しく説明します。

お客様は誰なのか?を決める

あなたの商品・サービスを手に入れたいお客様は誰ですか?

「そんなのわからない」ではダメですよ!

なぜならお客様がわからなければ
提供するあなたが誰に購入して貰えば良いか
迷ってしまうからです。

ターゲットを決めなければ
せっかくランディングページへ
訪問をしてくれても誰も振り向いてくれません。

それではランディングページを公開する意味がないです。

例えば

  • 男性と女性
  • 10代と50代
  • 主婦と会社員
  • 学生と社会人

比べてみてください。

ターゲットが違えば好みや考え方
性格や生活環境が全く異なりますよね!

だからあなたがお客様を把握しなければ
向こうも「自分のことだ!」と気づいてくれないのです。

ランディングページを見て
自分のことだと気づいてくれなければ
すぐに離脱されますよ!

それではランディングページの意味がありません。

だからまずお客様が誰なのか?
しっかり決めることからはじめましょう!

そこでお客様を決める時に
役立つ質問を教えますね!

下記の質問に自問自答してください。

  • 男性と女性どちらに好まれますか?
  • 年代で分けるなら一番必要とするのは?
  • 学生向けですか?社会人向けですか?
  • 商品・サービスは誰が必要としますか?

これでお客様が絞れるはずです。

目的を決める

ランディングページでは他のページへ
リンクをするような仕掛けは一切しません。

全て1ページで目的が決まっているからです。

ランディングページの目的は

  • 商品の購入
  • サービスの申込み
  • 資料請求
  • メルマガの登録

など訪問者に行動をしてもらうことです。

だからあなたの商品・サービスの
最終的な目的を明確にする必要があります。

上記4つに当てはまると思いますので
まずはランディングページの目的を決めてください。

コピーライティングが重要

「お客様が誰なのか?」
「ランディングページの目的は?」

この2つが明確になったら
構成に沿って文章を埋めていきます。

そのとき一番重要なのがコピーライティングです!

なぜなら見た人が魅力を感じなければ
ただの文字!ただのページ!になるからです。

ランディングページの目的は
訪問者が自分のことだと気づいて
最終的に行動をすることです。

そのためには文章や見せ方が一番大事!

スマホやパソコンの画面を通して
商品・サービスの素晴らしさを伝えなければなりません。

そのためにはコピーライティングが必須なのです。
しかし誰にでも備わっている技術ではありません。

だから
あなたが持ち合わせていない技術は
他力本願で人に任せましょう!

今はスキルマーケットの普及と
働き方改革の影響で副業として取り組む人も多くいます。

当然、本業で取り組む人もいます。

どちらにしても質の高いものを低価格で
制作してくれるのでサービスの利用をおすすめします!

おすすめのサービスは以下の3つ

見た目も大事!魅せるデザインが必要

購買欲を高めるには見た目も重要です!

ランディングページは画面越しなので
開いた瞬間に魅せるデザインでなければ
「早く次が知りたい」と先には進んでくれません。

すぐにページを離れてしまいます。

どんなにキャッチコピーが優れていても
見た目の印象が弱いと人は気にも留めません。

だから魅せるデザイン力も大切な要素です。
ではどのようなデザインに魅せられるのでしょうか?

  • 写真を上手に活用する
  • 強調文字を画像にする
  • 数字を使ってアピールする
  • 人気度・実績・権威性を示す

などを意識することで購買欲を高めることができます。

まとめ:成果を期待するなら業者へ依頼する

今回は
「ランディングページの基本構成8つ」
「購買欲をUPする4つのポイント」
について詳しく解説をしてきました。

ランディングページの大きな目的は
訪問者に行動をしてもらうこと
でした。

そのために基本構成が必要で
ランディングページの構成には
それぞれの役割があるのです。

しかし・・

人は簡単に行動をしようとはしません。
行動を促すには、購買欲を刺激する
ポイントを押さえる必要がある
のです。

でも「コピーライティング」や「デザイン」
といった特殊な技術は誰でも持ち合わせてはいません。

人に行動を促すポイントは
「言葉」と「見た目」が大事です。

そのことから
成果を期待するなら業者へ依頼する!
これが最善の策であると思います。

プロの力を借りた方が
最短で成果を出すことにつながります!

だから専門業者への依頼を一度検討しましょう。
今回も最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です