お問い合わせ

【最新情報】ロングテール戦略!基本〜実践までわかりやすく解説しています!

ロングテール戦略 最新

ロングテール戦略はマーケティング手法の1つです。
でも具体的にどのような方法なのか
知っている人は少ないのではないでしょうか?

ロングテール戦略を実践することで
ニッチな市場でも上位が狙えて
安定した収入を得ることができます。

この記事では
「ロングテール戦略を使って売上を安定させたい」あなたへ

以下の内容をわかりやすい表現を使って
しっかり解説をしていきます。

  • ロングテール戦略とはなにか?
  • ロングテール戦略のメリット・デメリット
  • ロングテール戦略の基本から実践まで

きっとあなたの商品・サービスの売上が改善されるはずです。

この記事は10分くらいで読めるので
ぜひ最後までご一読ください。

目次

ロングテール戦略ってなに?

ロングテール 戦略

では早速、ロングテール戦略について解説をします。

  • 「ロングテール」という言葉の由来
  • 「ロングテール戦略」が普及した理由

この順番で見ていきましょう。

ロングテールとは

ロングテールは、恐竜をイメージしてます。

映画にもなった「ゴジラ」はご存知ですよね!
そのゴジラの全体像を横から見たイメージを想像してみてください。

当然ですが頭の部分が一番高い位置になります。
そこから長い尻尾がグーンと先まで伸びていますよね!

その長く伸びた尻尾の部分がロングテールなのです。

つまりロングテール=長い尻尾ですよね。

これは
「売れ筋商品」「それ以外の商品」
この2つを縦軸に並べた
売上データグラフを見たイメージなのですが

ロングテールの由来は
このグラフを見たイメージからきています。

そしてロングテール戦略は
この「長く伸びた尻尾の部分」
「売れ筋以外の商品」を狙った戦略なのです。

ロングテールの具体例

ロングテールは売れ筋以外の商品を指す!
ということがわかりました。

では売れ筋以外の商品とは、どんなものなのでしょうか?

売上データグラフのロングテール部分を
簡単に言い表すとしたら「複合キーワード」のことを指すのです。

複合キーワードとは
例えば
「自宅 ダイエット 筋トレ 方法」

このように

  • 自宅
  • ダイエット
  • 筋トレ
  • 方法

と言った
単語=1語が複数組み合わされた
キーワードのことを言います。

つまりロングテール戦略は
複合キーワードを使って商品ページを作り
より多くの検索者を取り込むと言う方法
なのです。

ここはしっかり押さえておいてくださいね!

ネット通販と共にロングテール戦略が普及した

ロングテール戦略 通販

ロングテール戦略が普及した背景には
ネット通販が普及したことが大きく関係します。

実店舗での販売は、商品の数に比例して
売り場も広くしなければなりません。
※在庫ではなく販売商品の数

だから「それ以外の商品」よりも
「売れ筋商品」を多く置いたほうが
当然ですが、売上もあがります。

でもネット通販になると売り場はページなので
コストをかけずにガンガン売り場=ページを増やせます。

そのために売れ筋以外の商品も取り扱えるようになったのです。

つまりネット通販では
売れ筋以外のニッチな商品を求めるお客様が
ネット検索から商品ページ、実店舗でいう売り場へ
足を運んでくれるようになったのです。

このようにネット通販が普及したことで
ロングテール戦略も普及していきました。

ロングテール戦略3つのメリット

メリット

ロングテール戦略には3つのメリットがあります。

  • 安定収入が見込める
  • ニッチな市場で上位が狙える
  • リピーターの獲得がしやすい

では1つずつ見ていきましょう。

安定収入が見込める

ロングテール戦略では・・

ニッチキーワードを狙うのでライバルが少ないです。
その分検索結果で上位表示を狙いやすくなります。

上位表示ができれば多くの人に
商品・サービスのページを見てもらうことになります。
多くの人に見てもらうことができれば売上もアップします。

また1つの商品・サービスに依存しないので
より多くの商品・サービスを提供することができます。

だから安定収入が見込めるのです。

ニッチな市場で上位が狙える

ロングテールキーワードは
いわゆる「ビッグキーワード」と呼ばれる
検索される回数が多いメジャーなキーワードではありません。

ビッグキーワードとは

  • ダイエット
  • 脱毛
  • 筋トレ
  • 美容院

など
1つの単語で表現されるようなキーワードです。

このようなビッグキーワードを使って
あなたの商品を紹介しようとしても
ライバルが多すぎてネット上に埋れてしまいます。

ネット上に埋もれるというのは
「ダイエット」や「脱毛」で検索をしたとき
検索結果が多すぎて検索上位から外れることを言います。

検索結果に表示されるのは10サイトです。
例えば「ダイエット」で検索をしてみてください。

検索結果に「約 305,000,000 件 」と表示されます。
つまりこの中の10位以内に入らなければ
あなたの商品ページは見てもらえないということなのです。

※検索結果の2〜3ページを見るのはわずか20%と言われています

先にもお伝えした通り
ニッチなキーワードならライバルが少ないです。

メジャーなキーワードに比べて
ニッチキーワードはライバルが少ないから
上位表示が狙える確率がグンと上がるのです。

ある程度はSEOの知識が必要になりますが
ロングテールキーワードに限っては
比較的簡単なSEO対策をするだけで上位表示が狙えます。

リピーターの獲得がしやすい

ビッグキーワードと異なりロングテールでは
複合キーワードで商品ページを作るので
検索者の検索意図を明確にしやすい
です。

例えば
「ニキビ」よりも
「ニキビ 洗顔 やり方」の方が
検索者がどのような悩みがあるのか明確になりますよね!

「ニキビ」だけでは
「ニキビに効くサプリ」が欲しいのか
「ニキビを治せるクリニック」を探しているのか
「ニキビは女子に嫌われる」と悩んでいるのか

検索意図が絞れません。

でもロングテールを使えば
「ニキビ 洗顔 やり方」
ニキビで悩んでいる人が洗顔のやり方を探している!

このように検索意図が明確になるので
検索者の悩みをピンポイントで
解決することができる記事を公開できます。

すると悩みが解決できた検索者は
「またなにかあったときには、このサイトを見ればいいや」

そんな感じでお気に入りをしてくれます。
それはつまりリピーターになってくれることを意味します。

そのようなリピーターを増やすことで
売上の安定にもつながってくるのです。

逆にデメリットは2つ

デメリット

ロングテール戦略には3つのメリットがありました。
ではデメリットはないのでしょうか?

残念ですが、やはりあります。
デメリットは2つです。

  • 記事を定期的に公開する必要がある
  • 長期的な戦略なので時間がかかる

もう少し詳しく説明しますね。

記事を定期的に公開する必要がある

ロングテール戦略では複合キーワードを使って
多くの商品・サービスをネット上で紹介します。

と言うことは
その「複合キーワード」の数だけ
記事を作らないとならないのです。

だから1回だけ記事を公開したら終了!
と言うことはありえません。

定期的に「複合キーワード」を使った記事を
公開していく必要があります。

しかし定期的に記事を書くのはかなりしんどいです。
適当な記事を書けば良いと言うわけにはいかないからですね。

長期的な戦略なので時間がかかる

ロングテール戦略は定期的に記事を公開する必要があります。

しかし記事を公開さえすれば「すぐ売れるか!」
と言うと・・・
そんなに甘くはありません。

次の章で詳しく解説をしますが
ロングテール戦略には
ちょっとしたテクニックが必要。
なのです。

簡単に説明をしますと
同じ商品を1度だけページ公開をすれば終了
と言うことではありません。

同じ商品を様々な「複合キーワード」を使って
どの「複合キーワード」が当たるか!!
このような戦略で攻めていくのです。

だから公開した全ての記事で当たりを出す
と言うのではなく検証が必要になってきます。

しかし
その分時間がかかってしまうのです。

だからロングテール戦略は
長期的な作戦として取り組む必要がありますよ。

※「当たり」とは記事が検索上位に入ること
または公開前と比べて注文数が上がる=売れることを言います。

ロングテール戦略【基本編】

ロングテール戦略 基本

ここからはロングテール戦略を具体的に解説していきます。

まずは基本編から以下の2つを解説します。

  • 「お客様は誰なのか」を決める
  • 運営は独自ドメインで!

「お客様は誰なのか」を決める

ロングテール戦略は、幅広い商品・サービスを
ネット上へ公開=宣伝していきます。

しかし
商品・サービスには、それぞれの特徴があるはずです。

では、その特徴から考えてみましょう。
「その商品を欲しい人は誰ですか?」

最低でも

  • 年代(20代とか30代とか)
  • 性別
  • 職業(学生や専業主婦とか)
  • 家族構成(一人暮らし、家族5人ぐらしとか)

上記4つは絞りましょう。

なぜこのようなお客様の絞り込みをするかと言うと
記事を読んで「それは自分のことだ!」と気づいてくれるためです。

運営は独自ドメインで!

これから商品ページを公開していきますが
無料ブログなどは使わずに
必ず独自ドメインで運営をしてください。

その理由は

  • 記事を削除される危険性がないから
  • 余計な広告が表示されないから

です。

無料ブログは、なにかと細かな規約があります。

明確な基準もわからないので
知らない間に記事が削除されていた
と言うようなこともしばしば出てきます。

ロングテール戦略は、記事の量産が必須です。

だから
規約に縛られず余計な広告も表示されない
独自ドメインでの運営をおすすめ
します。

ロングテール戦略【実践編】

ロングテール戦略 実践

続いて実践編です。

【実践編でやるのは2つ】

  • 関連キーワードを集める
  • ロングテールキーワードで記事を量産する

関連キーワードを集める

記事を量産するには商品に関連する
複合キーワードを集めなければなりません。

やり方を説明しますね!
まず商品の核となるキーワードをいくつか集めます

例えば
10代の女子高生向けの洗顔料が商品とした場合

核となるキーワードを連想してみてください。

または「女子高生 洗顔料」
などで検索をするのもいいですよ。

すると

  • ニキビ
  • 肌トラブル
  • 乾燥
  • 化粧品
  • 日焼け止め

等々

さらに集めた核となるキーワードでも
検索をしてみてください。

するとどんどん核となるキーワードが集まります。

次に
それぞれの核になるキーワードから
複合キーワードを考えていくのです。

その際は下記のツールを利用してください。
>>>ラッコキーワード

例えば
「ニキビ」と検索窓に入れて検索をしてみると
ズラーっと複合キーワードが表示されます。

このようにして関連(複合)キーワードを集めるのです。

複合キーワードの絞り込み

先ほどのツールに複合キーワードが表示されました。
ではそれぞれの複合キーワードをクリックしてみてください。

するとGoogleの検索結果が表示されますよね!

検索結果の最下部には
「関連する検索キーワード」が表示されますよね。

その2語以上の関連キーワードを使うのです。

ロングテールキーワードで記事を量産する

2語以上の関連キーワードを集めたら
とにかくその複合キーワードを使って記事を量産しましょう。

記事を書くポイントを教えます。

  • 記事タイトルに複合キーワードをいれる
  • 大見出しもできる限り複合キーワードを入れる
  • 同じ複合キーワードの検索上位3記事を参考にする
  • 文字数は上位3位を少し超える

最低でも上記4つのポイントは押さえてください。

SEO対策=上位表示させるテクニック
は、奥が深いので次の機会に別記事で紹介をしますね。

まとめ:ロングテール戦略は売上アップに必須です!

ロングテール戦略 売り上げ

ここまでロングテール戦略について
基本的なことから実践方法までお伝えしてきました。

最後にロングテール戦略の大切な考え方を
お伝えしこの記事を締めたいと思います。

あなたが商品・サービスの売上を伸ばして
安定収入を求めているのであればロングテール戦略は必須
です!

その上で
ロングテール戦略で大切な考え方をお伝えします。

それは価値のある情報を記事にして公開すること!です。

商品・サービスは、お客様の悩みを
解決するために必要なツール
なのです。

だから
ペラペラの中身がない記事を公開しても
誰からも共感を得られません。

逆に「役に立った」「解決できた」とお客様に
納得をしてもらえる内容ならば共感を得られます。

お客様に共感を得られると
そこに紹介されている商品の信憑性が出ます。

信憑性があるからお客様は安心して商品を購入するのです。

ですからお客様の問題や悩みが解決できる
役立つ記事をしっかり公開し続けてください。

そして「売り込み」や「強制」をせず
あくまでも共感から「購買」へ導くようにしましょう。

それではまた有意義な情報を発信するので楽しみにしていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です